るやんの雄叫び

生きる意味


エイズ患者への偏見と戦うミスHIV ボツワナ | Excite エキサイトからトラバします。

日本では、生きる意味を見失ったもの同士が寄り添うようにひっそりと死んでいったり、家族を巻き添えにして死を選んだり、何の関係もない人を「むしゃくしゃした」と言うだけで刺してしまったり。こういうニュースが流れない日はありません。

生きることにはたくさんの意味があります。
この週末、首都ハボローネの椰子の木が揺れるリゾート施設兼会議場で、12人の女性たちが「ミスHIVスティグマ・フリー(汚名解放)」のタイトルを競う。

「ご覧なさい、私たちはHIVポジティブで、それが終わりを意味するわけではない、と主張しているのです」昨年度ミスHIVの座に輝いた33歳のガラレロ・ンツェペさんは雑然とした一部屋の住まいでロイターに語った。そこには2003年度のトロフィーが飾られている。

世界最大のダイヤモンド産出国ボツワナは、世界最大のHIV感染率を示す国でもあり、人口の3分の1が感染しているとみられている。

政府は鉱物資源を延命のための抗レトロウイルス薬を供給するために利用しているが、多くの人は自分がHIVに感染しているかどうか知らず、また治療を受けたがらない。運営者たちは、ミスコンの開催はHIVの汚名に立ち向かうことを目的にしていると語る。

「薬の投与をはじめてから、私はどんどん強くなっています」2001年に感染が発見されたンツェペさんは言う。

「私たちは、この治療と共に人生が存在するということを伝えようとしているのです。私があまりにも健康的だから、HIVポジティブだと信じない人もいます」

エイズ患者支援団体は、英国のバークレー銀行がスポンサーとなったこのミスコンを歓迎している。「ただのミスコンかもしれませんが、これは自身の病気についてオープンなHIVポジティブの人々を結束させるという点で重要なのです」アフリカ合同HIV/AIDSプログラムの広報担当者ブラッド・ライダーさんは言う。

「彼らはサポートを必要としています。病気を公表し、受け入れられることが必要なのです」

生きることはあなた一人のために意味があることではなく、あなたが今生きている世界にともに生きている人たちにとっても意味があることです。

世界は一人では成り立ちません。あなたも世界を支える大切な一人なのです。
それが私たちの生きる意味でもあります。

あ、いや、自分、宗教心のかけらもありません。ごめんなさい。
でも、生まれてきたからには最後まで生きていくことに意味がある、と言うことは信じています。
[PR]
by lu_yan | 2005-03-01 10:46 | 徒然
<< ちゃらちゃらしたのがきらいなま... このユニフォーム、懐かしいっ! >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
Blog Link (without Exblog)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧