るやんの雄叫び

プチプチなるままに・・


「プチプチ」の意外な歴史を探った | Excite エキサイトからトラバします。
「アメリカでプチプチの構造が開発され、当初は何に使うか、その用途を考えたんだそうです。アメリカでは最初は壁紙にしたそうですが、それが売れず、プールの防水カバーにしてもやっぱりイマイチで、コンピュータを包むようにして爆発的にヒットしたそうですよ」
と川上産業のプチプチ研究所所長・杉山彩香さんは言う。
日本では、アメリカでもまだ市場に出回っていないうちに、川上産業の創業者・故川上聰氏が文献を読み、独自で機械を作ったのが始まり。マーケットに浸透した時期は、日本とアメリカほぼ同時期なんだとか。

うわぁ、どんな研究をしているんだろう・・・・・。
ちなみに前の会社では「エアパッキン」と呼んでいました。そうか。プチプチは登録商標だったのか。

ちなみに昔は「お中元」や「お歳暮」の高級洋菓子やお高いおせんべいの詰め合わせの缶の中に入っている、イメージでした。
奪い合ってつぶしているのを見兼ねた母親が、兄弟の人数+1の数に切り分けてくれたっけ・・・・。

+1はうちの父君でした・・・・大人も大好き、プチプチ♪
[PR]
by lu_yan | 2005-03-04 09:16 | 徒然
<< あ、そうだったんだ。 主任弁護士に逃げられたライブドア >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31