るやんの雄叫び

さわぐこと?


中田 守備位置で福西と口論 | Excite エキサイト : スポーツニュース
練習場に不穏なムードが流れた。守備のポジショニングを確認する“追い込み”練習を始めた直後だった。控え組の選手が主力組の右サイドからボールを持ち込もうとした。中田はそれを防ぎにいったが、右ボランチの福西が詰めてこなかった。これに対し中田が怒った。しかし、福西も負けず言い返した。お互いの意見を身ぶり手ぶりで言い合う姿は怒気すらはらんでいた。ただならぬ雰囲気にたまらず小野、宮本、最後はジーコ監督まで割って入ってきた。

 決戦を目前に控えての混乱。それは、ある意味で予想されたことでもあった。DFを横に4人並べた4―4―2は中田のためのシステム。中田の攻撃力を生かすためには、トップ下が1枚で、そのポジションで中村が結果を出しているDF3人の3―5―2に当てはめるのは難しい。指揮官は「言う必要のないほどの選手」と絶大の信頼を置くエースの復帰に、あえてアジア杯を制覇し、W杯1次予選を突破したシステムを捨てたのだ。

 中田にとっては1年ぶりの代表合流。周囲の選手には、自分たちだけで勝ってきたという自信もプライドもある。中田1人のイメージに合わせるのは当然、容易ではない。福西が自分の意見を主張したのは、国内組が自信をつけチームが成長した証とも言える。中田に対し代表選手がこれほどストレートに言い返すのは初めての光景だった。

 直後に行われた30分の紅白戦では、中田のミスが目立ち1―2で主力組が敗れた。ただし、紅白戦で中田が起点となって玉田のゴールに結びつけたように攻撃面での威力は抜群。しかも決定力も備えており、難敵イランへ心理的なプレッシャーをかけることもできる。

これって、普通じゃないの?
久しぶりに集まったメンバーで調整をするのに、このぐらいのやり取りを事前にやってもらわなきゃ、試合本番で困るでしょう。

なにを騒ぐの?
[PR]
by lu_yan | 2005-03-24 10:52 | 徒然
<< 昔からそうだっべよ。 名は体をあらわす >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
Blog Link (without Exblog)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧