るやんの雄叫び

いろいろあるんだろうけど

中田、勝ってなお苦悩…チーム“まとめ役”も孤立一途 | Excite エキサイト : スポーツニュース
監督更迭の可能性もあった窮地のバーレーンを1-0で下し、日本がW杯アジア最終予選で貴重な勝ち点3を加えた。ジーコ監督が胸を張ったように、後半の選手の闘志には、中田英寿(フィオレンティーナ)を中心に目を見張るものがあった。だからこそ、ジーコジャパンは今後に「中田問題」という大きな禍根を残した。

 かつて中田とプレーした元代表選手は「彼をフォローできる選手が今の代表にはいないから、彼が苦しんでいるのが手にとるようにわかる」と話す。イラン戦から帰国するテヘラン空港では、中田がチームメートから離れ、元代表主将の井原正巳氏と長く話し込む姿があった。

 「サッカー観が違いすぎる」「マスコミへの対応もひどすぎる…」。かつてはタブーだった“王様批判”もチーム内で公然となされている。中田は孤独だ。「どういう形であれ、勝って終われてよかった。次もその次も厳しい試合になる」と中田は話したが、彼が頑張れば頑張るほど苦悩は深まるようにみえる。

これも中田が中田であるがゆえ。

でも正直、ちょっと変だなとも思う。
勝手にみんなで「中田さんはすごい人なんだ」と思って恐れていて、いなくても結果を残しているうちに「あのひとは~~」と言い出す。中田は中田のままなのになぁ。。。と思う。
でもはたで見ている一サポーターがとやかく言うことじゃないんだろうな。

ピッチに立ったらスーパースターもへったくれもない。
ただ、勝利に向かって邁進するのみ!

がんばってくれ!日本代表!
そして、2006ドイツW杯へいこう!!
[PR]
by lu_yan | 2005-03-31 20:38 | 徒然
<< 連続時代劇番外編:ややこしいこ... 連続時代劇:開港交渉難航中 >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31