るやんの雄叫び

死ぬことは解決にならない

<東名道事故>小6女子ひいた男性、自殺か 火災車両に遺体 | Excite エキサイト : 社会ニュース
 静岡県焼津市の東名高速下り線で、愛知県美浜町の小学6年、小久保実里(みさと)さん(12)が走行中の観光バスから転落して死亡した事故で、小久保さんをひいた可能性がある埼玉県狭山市の男性(41)所有のワンボックス車が山梨県富士河口湖町内で車両火災を起こし、車内から身元不明の男性の遺体が発見されていたことが31日、同県警の調べで分かった。自殺の可能性もあるとみて、DNA鑑定などで身元の確認を急いでいる。

 一方、静岡県警は小久保さんをひいたとみられる後続車数台を特定し31日、運転手から参考人として事情聴取した。容疑が固まれば、道交法違反(ひき逃げ)容疑で書類送検する方針。

 同県警高速隊は、事故後10分間に通行した車両の絞り込みを進めた結果、当時現場を走っていた運転手らの目撃証言などから、小久保さんをひいたとみられる数台が浮上した。小久保さんの体には複数の車にひかれた跡があった。

これ、死ななくちゃいけなかったのかなぁ。
免許がない自分が言うのもなんですが、高速道路を走っていて突然前に何かが落ちたとき、「よけられない!」というのが現状だと思うんですよねぇ。
大体100km/hを超えるスピードでしょ。
自転車で30km/hぐらいで走っていても、目の前に突然現れた蝶とかばったをよけられずに「うわぁ!」ってこと、そっちゅうですよ。

「今、何が落ちたんだ?、弾いちゃったような感触があるけど、、、なんだったんだ?」

そのとき、勇気を出して車を止めて何が起こったのかを確かめることができなかったのが許せなかったのか?
それとも、不可抗力だったという気持ちと「人を轢いた」という罪の気持ちに引き裂かれてしまったのか?

なくなった小学生の遺族の気持ちを思うと、轢いた犯人を罰してほしいと思う。
だが、不可抗力だったというのもわからなくもない。

それでも、人の命にかかわること、そのとき最善の方法を尽くさずに逃げてしまったという罪は重い、はず。
[PR]
by lu_yan | 2005-04-01 09:48 | 徒然
<< ありえねー!! 連続時代劇番外編:ややこしいこ... >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30