るやんの雄叫び

JR福知山線、マンションに激突

<電車脱線>通勤客ら悲鳴、車両めちゃくちゃ 流血の人次々 | Excite エキサイト : 社会ニュース
 脱線した電車の1両目の後部に乗っていた毎日新聞経済部の久田宏記者(30)は事故当時の状況を次のように語った。

 伊丹駅で停車位置をオーバーランしたために遅れて出発し、尼崎駅に向かう途中でした。車内の座席は埋まり、僕も含めて数十人が立っていました。

 カーブで電車が左に傾いた後、ドカンという音とともに打ち付けられるような強い衝撃があり、体が吹き飛ばされました。その瞬間、「ウオー」という声にならない悲鳴が車内に響きました。車両が動き続けているのがとても怖く、とにかく早く(車両が)止まってくれと願いました。気づくと眼鏡は吹き飛び、車両は大きく傾いていた状態で、「助けてくれ」という男性の声、女性の泣き声、「落ち着こう」という声が聞こえてきました。

 割れたガラスの窓の外から金網が車内に食い込んでいて、その窓から金網をつたって、前の人に続いて必死にはい出しました。そこで初めて、金網はマンション駐車場のもので、車両が駐車場の中で完全にひしゃげているのが分かりましたが、しばらくは何が起きたか状況をうまく把握できませんでした。頭から出血しましたが、同じようにはい出した人たちの大半も血まみれでした。病院で頭部を10センチほど縫い、ロビーでニュースを見て多数の死者が出たことを知り、改めて恐怖がよみがえってきました。

まだ結婚していたころ、旦那さんが、「地下鉄サリン事件」の1本前の電車に乗りあわせていた。
1本前だった、とわかっていても、[足元から駆け上がってくる恐怖]はあり、今でも電車事故のニュースを見るとそのことを思い出し、恐怖を感じます。

家族が乗っていたら、と思うだけでもこうなんだから、乗り合わせていた乗客の方、マンションの方、事故を間近で目撃した方の衝撃は想像を絶します。

お亡くなりになった方々のご冥福と、怪我をされた方の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

そして、事故の原因解明を、それも徹底的にやってほしいですね。
[PR]
by lu_yan | 2005-04-25 16:27 | 徒然
<< 事務所ぐるみで もうひとつのブログ >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
Blog Link (without Exblog)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧