るやんの雄叫び

人の命を救うためには


救急隊員に”規制緩和”、救急服で外食OK | Excite エキサイト : 社会ニュース
 グレーの救急服で「ハンバーガーセット!」。出動回数の増加で、食事が大幅に遅れたり、食べそびれる救急隊員が多いことから、東京消防庁は18日から、休憩時間に食事ができなかった場合に限り、病院からの帰り道に救急車でコンビニエンスストアやファストフード店に立ち寄り、食事を取ることを認める。同庁救急指導課は「救急隊の仕事は重労働で、食事をしないと隊員が体を壊してしまう。遊んでいるわけではないのでご理解を」と話している。

 昨年の同庁救急隊の出動件数は、約67万8000件で5年前の約26%増。今年は1日2000件近いハイペースで、1日に20回出動する救急隊もあるほど。救急車の位置はGPS(全地球測位システム)で把握され、病院から戻る途中でも出場指令が出るため、消防署に戻らず4~5回連続で出動することも度々。

 同庁は4月、全217隊のうち年間出動件数が3500件を超える53隊について1週間調査した。この結果、通常時間に昼食を取れなかった隊は5割で、2割以上が午後2時以降に昼食。夕食では7割近くが定時に取れず、2割近くが午後9時以降に食べていた。1日平均で2隊が3食のうち1食を取れない状態だったため、“規制緩和”に踏み切った。

救急車をタクシー代わりに呼びつけるようなバカな酔っ払いにも【万が一】を考えて対応するんだから、ご飯を食べる暇さえなくなるよね。
ほんと、大変だよ。。

でも、からだが資本なんだから、コンビニやファーストフードに立ち寄るにしてもちょっと栄養バランスを考えてね。

同じ公務員でも自分の食事を抜いてまでも人の命を救うために働く人もいれば、、、裏金作りに必死になるバカ公務員もいる。

ほんと、一人一人の考えや意識の持ち方がその職業のイメージさえも変えてしまうんだなぁ。自分も気をつけなくては。。
[PR]
by lu_yan | 2005-05-17 16:47 | 徒然
<< 豆乳クッキーダイエットのその後 紳士のスポーツ >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31