るやんの雄叫び

いじめが理由であったとしても


校長「背景にいじめ」 爆発事件で山口・光高 | Excite エキサイト : 社会ニュース
 授業中の教室に火薬入りの瓶が投げ込まれ爆発し、生徒58人がけがをした山口県光市の県立光高校が13日、記者会見し、弘中幸雄校長は「事件の背景に広い意味でのいじめはあったかもしれない」と述べ、いじめが逮捕された男子生徒(18)の動機になった可能性を認めた。
 生徒が警察の調べに「恨みがあった」などと話したことを受け、弘中校長が12、13日に担任ら教職員10数人から聞き取り調査。授業中に生徒が質問に答えられないでいた時に苦笑が起きたケースが判明したという。
 同校は生徒へのいじめの有無について「把握していない」としていた。校長は事件についてあらためて謝罪、生徒が無口なことを冷やかされた例をほかにも挙げて「本人にとっては嫌なことだったかもしれない」などと述べた。

学校で事件が発生して、加害者が生徒だった場合、、いじめがその背景にある、ということがとても多いですね。
前は中学生までかと思っていたいじめも今は高校生まで、、おそらく、社会に出ると会社の中でも多かれ少なかれいじめがあるのかもしれません。

背景にいじめがあった、、、という言葉をきくと、「加害者は実は被害者で、被害者は加害者でもある」ということになります。

いじめという単語が出てくるたびに、「なんか分からんけど、得体の知れない集団心理が働いた結果こんな事件が起こった」ということになって、「事件」そのものに対する罪が薄められてしまうような気がしてならない。

とはいえ、加害者の少年(18歳を少年と呼ぶのにはどうしても抵抗を覚える)に対しても「いじめの被害者だった」ということだけをクローズアップせずに一人の人としてきちんと罪に向き合うべきであることを理解できるように、カウンセリングをしてほしいと思います。。

ほんと、あとを絶たないねぇ、、、こういう事件。
[PR]
by lu_yan | 2005-06-14 09:36 | 徒然
<< 望まれて残る ジャポネの存在 in セリエA >>



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31