るやんの雄叫び

2005年 08月 07日 ( 1 )

今までにないタイプのピッチャー

プロ注目の青森山田・柳田が智弁和歌山斬り | Excite エキサイト : スポーツニュース
 160球の熱投。そのすべてに魂が宿っていた。1メートル78、98キロ。青森山田のヘビー級左腕・柳田が最後まで強気の攻めを貫き、智弁和歌山の猛追を断ち切った。

こういう身体つきの高校球児がピッチャーかぁ。。。
なんか、おいらが高校生のときは想像ができないですよ。

それにしてもね、この子がバッターボックスに入ると『トンボ』by長渕が流れるのよ。
ちょっとそれは高校生としてどうなのよ。。。。と思うのはおいらだけ?
[PR]
by lu_yan | 2005-08-07 11:14 | 徒然



ついに退職願を提出したぞ!9月末でこの職場ともおさらばじゃ!ってな感じのベンチャー勤務の負け犬。現在、荒らしがうざいのでTBはご遠慮願っております。ご容赦ください。